読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんぐり拾い



今年もこの季節がやってきたのか!と一年をあっという間に感じます。

 
幼稚園から歩いて10分もかからない横浜ゴムさんへどんぐり拾いにおじゃましてきました。
 

これまで熱い思いでどんぐりの魅力を伝えてきてくださった担当の方が昨年で定年退職されえしまい、今年は行かれなかったらどうしよう?と心配していたのですが、今年も無事、暖かく迎えてくださいました。
 
今年は昨年よりもどんぐりの数が少ないように思いましたが、それでも素晴らしいどんぐりの絨毯で、ひたすら拾い続けること20分。
f:id:hiratsukafutaba:20161021182241j:imagef:id:hiratsukafutaba:20161021182327j:image
 
途中、
「あ~~~どんぐり拾いって楽し~♪」としみじみした声が聞こえてきたり、
最初は黙々と拾っていたのですが、15分ほどすると
「帽子つきのみ~つっけた!」
「いいなぁ~」
「あ!また帽子つき見つけた!これあげる~欲しい人~」
などだんだん賑やかな声が聞こえてきました。f:id:hiratsukafutaba:20161021182421j:image
「そろそろ終了ですよ」と声がかかり、また再び下を向いて必死に拾い始める子どもたち。「10・9・8・7・・・・」とカウントダウンが始まると、声に合わせて、ものすごい勢いでラストスパートをかけていました。
 
「1・0!」と終了の合図と共に立ち上がると、どんぐりでいっぱいの袋は持ちあげるのもやっとの人もいました。
「持てない人は少し置いて帰ったら?」と声をかけましたが、
「大丈夫!持てる!」とやはり自分で拾ったどんぐりは手放せないようでした。

 
お礼を言って、次は八幡山公園へ。
f:id:hiratsukafutaba:20161021184634j:image

秋晴れの昨日は、おひさまの下ではじっとりと汗が出てくるものの、木陰が気持ち良く、みんなで芝生にシートを敷いてお弁当をいただきました。
f:id:hiratsukafutaba:20161021182657j:image

お弁当の後はたっぷり遊び、

再び歩いて幼稚園に帰ってきました。
 
歩く時は年長さんと年少さんでペアになります。さすが年長です。しっかりと小さい方の手をつなぎ、信号のリードもお見事でした。
f:id:hiratsukafutaba:20161021184652j:image

年少さんにとっては、やはり大冒険だった様で、幼稚園に着いた時にはみんなぐったり。
「帰りのバスで寝ちゃいそー!」
と言っていましたが、一休みしたら再び元気を取り戻し、帰りのバスでは
「今日は楽しかったね!どんぐりたくさんだね」「意外と遠かった」「たくさん歩いたね〜」とまたおしゃべりが止まらなくなりました。

f:id:hiratsukafutaba:20161021182814j:image
シーソーはバランスを取るのが難しい!

f:id:hiratsukafutaba:20161021182642j:image
思い切り走り回って楽しかったー!!





広告を非表示にする